重要な印鑑

印鑑の使い場所や用途により、さまざまな種類があり、役割を担っています。印鑑にはどんな時にどんな印鑑を使うのかいろいろありますので、今回は、簡単にご紹介したいと思います。

一番有名な印鑑が実印ですが、実印は、住民投票している市町村役場に登録してある、印鑑証明書がもらえるはんこのことです。法律上で使用者の意思を照明する役割を果たすので、一番重要なはんこと言えるでしょう。
実印は、重要な契約や会社設立時に必要となる重大な役割を担う印鑑です。不動産の売買や自動車の売買、会社設立時に必要な印鑑登録で利用します。

実印の次に利用するのが銀行印です。金融機関に口座を開設を行う時に、銀行に届け出る印鑑のことで、銀行預金、郵便貯金の際に使う、銀行届出印とも呼ばれています。複数の口座を持っていて、一本の印鑑で届け出をしている人が多いですが、万が一盗難があった場合、リスクを最小限に抑えるために、それぞれ違う印鑑を使用するのが市場如意と言えるでしょう。
銀行印の作成に関して言えば、フルネームや名前で彫刻するのも可能になっていますが、一般的には姓のみで作成する場合が多いです。この紹介した二つの印鑑が最も重要だと言えるでしょう。